■ すぺいん亭  ■

1000人パエリアプロジェクト 会則


会 則


■第1章 総則


(名称)

第1条 この団体は、「1000人パエリアプロジェクト」及び「NPO1000人パエリアプロジェクト」(以下、「当会」)と称する。


(事務所・活動拠点)

第2条 当会は、主たる事務所と活動拠点を埼玉県川越市今成4-11-4(Restauranteすぺいん亭内)に置く。


■第2章 目的・活動


(目的)

第3条 当会は、東日本大震災の復興支援活動として、被災地域(地方自治体、ボランティアセンターや学校等の公共機関、町会等のコミュニティ、被災地を支援するNGO・NPO等)の要望に応えて、大鍋(直径1m~5.5m)で制作するパエリア等の人の和を育む温かな料理を、被災地内外の賛同者・協力団体と協働で、要請のあった地域の方々に提供し、地域の復興を応援することを目的とする。

また、多くの賛同者・協力団体と連携して、新たな絆を育み、笑顔の輪を広げることを目指す。


(活動)

第4条 前条の目的を達成するために、次の活動を行う。

(1)被災地域(受入先)の要望に応えて支援プラン(料理内容、提供方法、連携方法等)を提案

(2) 被災地内外の賛同者・協力団体に協力を要請

募金・資金集め(チュロスの実演販売、被災地特産品の販売等)、PR活動

(3) 賛同者・協力団体からの協賛、募金や販売の売上をもとに、支援プランを実施

(4) 賛同者・協力団体、受入先への実施報告

また、任意のNPO(非営利組織)として、会員のボランティアによる知恵や技術やネットワークを活かし、力を合わせて被災地の復興に努める。


(年度)

第5条 当会の活動年度は、第一期を2011年8月31日から2012年8月30日とする。次期以降の内容は、2012年7月の総会で決議する。


■第3章 会員


(構成)

第6条 当会は、当会の目的及び活動に賛同し、当会の会員となった者で構成する。


(種別)

第7条 「正会員」

当会の目的に賛同し、会則を認め、活動の維持・運営に関わる意思を持った個人及び団体とする。

第8条 「賛助会員」

当会の目的に賛同し、活動を賛助する意思を持った個人及び団体とする。

また、次のいずれかの協力を行った、第2章にある賛同者・協力団体とし、登録は任意とする。

(A) 協賛金の提供(個人1口千円/団体1口1万円)

(B) 食材・資材の提供(1000人前パエリア等料理制作材料)

(C) 資金集めへ協力(協賛品・販促物等の提供、協賛品・被災地特産品の販売)

(D) 活動への協力(募金箱・活動案内の設置、資金集めの売り場提供等)

(E) 技術や人材の提供(大鍋や人員の運搬・運転、実施人員、宿泊先の提供等)

(F) 広報への協力(広報物等の制作・配布、ネットワークの提供等)

(G) 支援活動の共催等


(入会・退会・除名)

第9条 入会は、総会の承認を得て認められる。

1か月以上前に総会に予告すれば、任意に退会することができる。

会員が、当会則やその他の規則に違反したとき、目的に反する行為をしたとき、当会の名誉を毀損したとき、その他除名すべき正当な事由があるときは、総会の決議を経て、当該会員に通知した上で、除名することができる。


■第4章 総会


(構成)

第10条 総会は、正会員をもって構成し、会員の参加も認める。


(権限・責務)

第11条 総会は、活動の内容を決定し、活動の責任を負う機関とする。

総会は、月1回以上開催し、次の事項について決議する。

(1)活動計画案

(2)決算および予算案

(3)役員の選出・改選

(4)会則の改正

(5)その他会員が決議を必要とする事項

決議した活動事項や実施内容を、会員へ知らせる。


■第5章 役員


(種別)

第12条 当会に次の役員を置く。

(1)代表1名

(2)事務局長 1名

(3) 会計 1名

(4)運営委員 5名 


(選任・責務)

第13条 役員は、総会にて会員の中から選任し、役職の重複を認める。

役員は、会則の定めるところにより、職務を執行する。


(任期)

第14条 任期は、総会による改選、もしくは当会解散までとする。


■第6章 資金・会計


(資金)

第15条 当会が収集した資金は全て、被災地への支援活動に使用する。会員への報酬、分配には充てない。

(活動会計報告)

第16条 活動報告は、実施後、役員が作成し、会の公式サイトにて公開する。

年度の活動・会計は、年度末に役員がまとめ、会の公式サイトにて公開する。
公式サイト:http://spain-ichiba.p-kit.com/page187521.html 


(監査)

第17条 会員以外から募った活動・会計に関する監査役を置く。監査役は、賛同者・協力団体や会員、第三者機関からの要請に応じて、監査報告を行う。


■第7章 会則の改正


(改定)

第18条 この会則は、総会の総意を得て変更することができる。変更後は、公式サイトにて報告する。


■第8章 会の解散


(解散)

第19条 当会は、総会の総意、もしくはその他法令で定められた事由により解散する。


(残余資金)

第20条 解散時の残余資金は、総会の総意を得て、当会の目的に適う公共的な団体へ贈与し、被災地の復興資金に充てる。

 

附則

1.この会則は、2011年9月1日より施行する。
2.2012年2月29日、第1章第2条を変更。
3.2012年4月20日、第6章第16条、第7章第18条を変更。